Facebook Twitter
figurelaw.com

法的支援: 弁護士がビジネスを支援する方法

投稿日: 8月 4, 2022、投稿者: Adam Eaglin

あなたはそれらを逃れることはできません。 遅かれ早かれ、あなたは彼らに直面しなければならないでしょう。 ビジネスを成功させることに真剣に取り組んでいる場合は、弁護士の専門知識が必要になる可能性があります。 | - |

以下は、弁護士が起業家を助けることができるいくつかの方法です:| - |

1.組織の形式| - |

弁護士は、あなたの会社に理想的な組織を決定し、あなたがあなたのビジネスを始めたばかりであるか、しばらくビジネスをしているかどうかにかかわらず、必要な書類を支援するのを助けることができます。 選択した種類は、訴訟の不動産計画、税務計画、責任など、会社の多くの側面に影響を与える可能性があります。 | - |

2.商業リース| - |

弁護士は、賃貸人と借手の間に権利と義務を公正に割り当て、将来のトラブルを引き起こす可能性のある状況の大部分をカバーすることを確認するために、リースを確認できます。 例として、多くのリースには、改善の修理および新しい建築基準に準拠するためのアップグレードの責任を割り当てる規定は含まれていません。 | - |

3.契約| - |

商業リースと同様に、弁護士は、契約の起草や審査を支援して、適用される法律を遵守し、公平であり、価格の変動、破産、自然災害などが原因である可能性のある問題を予測することを保証することができます。 弁護士は、起業家に交渉のヒントと戦略を提供し、買収、パートナーシップ、またはIPOを通じて彼らを支援することもできます。 | - |

4.雇用主/従業員の関係| - |

あなたの会社のこの側面には、雇用、解雇、労働条件、病気の時間、残業、医療休暇、従業員の福利厚生、従業員のプライバシー権が含まれます。 弁護士は、従業員契約の検査および/または起草を支援し、雇用ポリシーの作成を支援し、会社が雇用法を遵守していることを確認できます。 | - |

弁護士は、起業家が雇用差別のスーツなどの将来の法的問題から守るためのアドバイスを提供することもできます。 | - |

5.不動産計画| - |

あなたがあなたの個人的な資産に何が起こるべきかを決定する意志や信頼なしに死んだ場合、これらの資産はとにかくあなたの家族に残り、パートナーや子供に移動するでしょう。 残念ながら、あなたの種類の組織に応じて、法制度は、あなたがあなたの計画を書面で設定していない場合、あなたが死んだときにあなたのビジネスをどうするかを知らないかもしれません。 あなたの不動産の管理者は、あなたの会社の死後も継続したいと思っても、会社の資産を売却し、従業員が行くことを許可することができます。 解決策は、あなたの会社の不動産計画を行うことです。 | - |

6.知的財産権| - |

知的財産には、企業秘密と商標、著作権と特許が含まれます。 顧客リストと同じくらい簡単なものは、その機密性が維持されている場合、企業秘密かもしれません。 弁護士は、あなたの知的財産権を特定して保護するのを支援できるかもしれません。 | - |

7.資金調達とクレジット| - |

他の種類の契約と同様に、弁護士審査ローン契約を担当することができます。 さらに、弁護士は、債務収集慣行を規制する法律についてあなたに助言できるかもしれません。 | - |

8.広告| - |

連邦法と州法の両方が不公平で欺cept的な広告慣行を制限し、広告の差別を禁止しています。 たとえば、製品は通常、6か月後に「新しい」というラベルが付けられない場合があります。会社が情熱を持っていない限り「消防」を宣伝することはできません。 あなたの組織が本当にそのドアを閉めていない限り販売。 弁護士は、提案された広告を確認して、該当する法律に準拠していることを保証できます。 | - |

9.訴訟| - |

あなたはおそらく、あなたが訴えたい、または訴えられているなら、あなたは法的支援を求めるべきであることを知っているでしょう。 多くの人が気付いていないのは、弁護士からタイムリーなアドバイスを求めた場合、訴訟を避ける可能性がはるかに高いということです。 | - |