Facebook Twitter
figurelaw.com

資本調達に関する法的考慮事項

投稿日: 7月 18, 2021、投稿者: Adam Eaglin

すべての起業家が新しいビジネスを開始する際に直面しなければならない多くの法的考慮事項があり、スタートアップ資本を調達することはリスクに満ちたものです。 資格のある証券弁護士を雇うことは贅沢ではありません。 これは、第三者から資本を調達しようとする企業にとっての要件です。 | - |

一般的な考慮事項のいくつかは次のとおりです。| - |

o州法の下でビジネスエンティティとしてビジネスを適切に組織する。 | - |

o投資家に提供される同じタイプの十分な承認された株式を発行したことを保証します。 | - |

o投資家に株式を発行する前に、既存の可能な法的問題が解決されることを確認してください。 | - |

o経験豊富な証券弁護士に、潜在的な投資家に株式が提供される可能性のある州の証券法とともに、連邦証券法を分析してもらい、当社とその投資の提供がこれらの法律に準拠していることを確認します。 | - |

o当社が資本を調達する際に連邦または州の証券法に違反している場合、組織の取締役および役員の潜在的な個人的負債を書くことで弁護士に明確にしてもらう。 可能性のある罰則は、民事罰金から刑務所の時間に至るまで、非常に深刻な場合があります。 | - |

o書面による投資目論見書には、適切な分野に必要なすべての州および連邦開示言語が含まれていることを確認してください。 | - |

o弁護士は、潜在的な虚偽および/または欺ceptiveな声明について、事業計画と財務諸表を検討する必要があります。 および| - |

o個々の投資機会を適切な規制当局に登録する必要がある場合、あなたの弁護士から書面による意見を得る。 | - |