Facebook Twitter
figurelaw.com

人身傷害弁護士が必要な場合

投稿日: 11月 2, 2022、投稿者: Adam Eaglin

私たちは皆、テレビ、看板、新聞で傷害弁護士の広告を見ましたが、偶発的な怪我弁護士に相談することをいつ検討する必要がありますか? 人が他の誰かの過失によって人身傷害に苦しむときはいつでも、負傷の主張をすることができます。 過失とは、人の行動が他の誰かを不合理なリスクに陥れるとみなされるときはいつでもです。 この過失により大きな事故が発生した場合、負傷訴訟のケースが存在します。

偶発的な傷害の種類。

人身傷害は、ほとんどすべての人身傷害につながる可能性があります。 これが別のドライバーによる自動車事故である可能性があるかどうか、または買い物中に職場で滑り落ちているかどうかは、おそらく偶発的な怪我の請求の原因です。 ひどく敷設された舗装スラブをつまずかせると、偶発的な傷害請求が成功する可能性があります。 犬の咬傷、アスベストの病気、公共交通機関中の衝突、または身体傷害につながる事故は、あなたが請求の資格があることを意味するかもしれません。 負傷弁護士は、あなたが訴訟を起こしたかどうかにかかわらずあなたを助けることができます。

自分の主張の程度は通常、怪我の深刻さに依存します。 あなたは、身体的怪我や精神的苦痛に対する補償とともに、収入の欠如の請求の資格があります。 場合によっては、たとえばアスベストの病気など、あなたの愛する人はあなたの代わりに主張する資格があります。

次に何を達成しますか。

あなたがすでに事故に遭っている場合、あなたがする必要がある最初のことは怪我弁護士に連絡することです。 彼らは、あなたが負傷請求の権利を持っているかどうかを助けることができるでしょう。 これらの協議はしばしば無料であり、多くの場合、怪我の弁護士は、彼らが請求に勝たない限り、ほとんどお金を取らないでしょう。

多くの事故による痛みと苦しみは、肉体的ではなく感情的で精神的なものではなく、長く続く可能性があります。 通常、怪我のために苦悩から回復するには数ヶ月と数年かかります。

家族や友人も同様に影響を受ける可能性があります。それは、あなたにとって個人的にはあなたのための精神的な苦悩です。 短期的なケアと同様に、短期的なケアが必要になる場合があります。 絶対にすべての怪我が短期的ではありません。 20世紀にアスベストを含む材料を引き起こした多くの人々は、肺がんまたは中皮腫に苦しんでいます。 それらはどちらも非常に深刻な病気であり、生涯にわたって悪影響を及ぼし、おそらく死をもたらす可能性があります。